ホーム > 2015/01

えちごトキめき鉄道 来春導入の「リゾート観光列車」愛称募集

7年前

2014年3月14日に北陸新幹線と同時開業する、並行在来線会社「えちごトキめき鉄道」は1月16日、新たに導入する「観光リゾート列車」の愛称募集を始めた。

同社では、開業から1年後の2016年春に新型のリゾート列車を、日本海ひすいライン(北陸本線の直江津─市振間)と妙高はねうまライン(信越本線の直江津─妙高高原間)に導入する計画。2両編成で定員は約40人。

日本海や妙高山など大自然を見渡せるパノラマウインドウを備え、景色が展望できる外向きのラウンジ、グループ向けのボックス席、列車の両端には展望サロンや展望個室が設けられる予定。また、沿線の地酒などが楽しめるバーカウンターもある。専門のアテンダントが乗車し乗客をもてなす。

応募は2月16日までで。同社公式サイトからできる。応募者から抽選でリゾート列車のペア乗車券や旅行券が当たる。

えちごトキめき鉄道の公式サイト
https://www.echigo-tokimeki.co.jp/
toki