ホーム > 2014/12

上越市昭和町2の山麓線でひき逃げ 救護しようとした男性が重傷

7年前

2014年12月4日午後4時48分ごろ、新潟県上越市昭和町2の主要地方道上越新井線(通称山麓線)で、交通事故に遭った歩行者を助けようとした男性が、通りかかった車両にはねられ重傷を負った。車は直江津方面に逃走したため、上越署はひき逃げ事件として車の行方を追っている。

左足ひざ下を骨折する重傷を負ったのは同市中門前3の無職、水瀬道夫さん(74)。同署によると、事故現場付近で直前に普通乗用車と男性歩行者の交通事故が発生。男性歩行者を助けようとした水瀬さんを、妙高方面から後に直進してきた被疑車両がはねたもの。

同署によると現場から逃げた車は色が不明。車高の低い車だという。事故当時、日が落ち、現場は暗かった模様。

事件事故