ホーム > 2014/10

冬支度作業中にベランダから転落死 県立看護大副理事長の戸北さん

5年前

2014年10月19日午後4時20分頃、新潟県妙高市関山で、県立看護大学副理事長の戸北凱惟さん(上越市南本町3、72)が自ら所有する別荘のベランダから冬支度作業中に転落し、搬送先の病院で午後11時54分、急性くも膜下出血で死亡した。

妙高警察署によると、戸北さんは妻とともに別荘を訪れ、一人で2階のベランダの踏み板や手すりを取り外す作業をしていたところ、あやまって転落し頭などを強く打ったとみられる。

戸北さんは、上越教育大学の学校教育学部長や副学長を歴任した後、2013年4月から県立看護大学副理事長を務めている。

事件事故