ホーム > 2014/08

2014年の「謙信公祭」は約21万人の入り込み 過去3番目の記録

4年前

新潟県上越市は2014年8月25日、ミュージシャンのGACKT(ガクト)さんを上杉謙信役に迎えた「第89回謙信公祭」(同協賛会主催)の入り込み数を21万2600人と発表した。前年の20万970人より1万1630人多く、過去3番目に多かった。

21万人が集まった今年の謙信公祭(24日の出陣行列)
GACKT馬

ガクトさんが同祭に出演したのは2007年度からで、2年連続6回目。全6回とも20万人を突破しており、過去最高の入り込みは2010年の24万211人だった。

主催者側は「ゲスト効果も大きいが天候にも恵まれ、催しが計画通りに実施され良かった」としている。初日の8月23日はのろし上げや各地の武将隊ステージ、埋蔵文化財センター周辺事業に2万7200人、8月24日は出陣行列、川中島合戦の再現などに18万5400人の入り込みがあった。

ガクトさんは「『美しく心休まる上越に多くの方に足を運んでいただき、歴史の深い町の美しさにまず触れてもらいたい。そしてより多くの方々に伝わり、日本人の心を守り続けたい』という思いで取り組んで来た。このイベントを見に来てくれた少しでも多くの方に、この思いが届いていればうれしいです」とコメントした。

【過去の入り込み数】
・2007年……203,100人(ガクトさん初出演)
・2008年……217,200人(ガクトさん2度目の出演)
・2009年……144,500人(「越後上越 天地人博」開催)
・2010年……240,211人(ガクトさん3度目の出演)
・2011年……205,569人(ガクトさん4度目の出演。雨模様)
・2012年……143,252人(ご当地グルメ合戦開催)
・2013年……200,970人(ガクトさん5度目の出演。午前中、一時雨)
・2014年……212,600人(ガクトさん6度目の出演。夜一時雨)