ホーム > 2014/06

上越市の新水族博物館 シーパラダイスの「横浜八景島」が運営へ

6年前

新潟県上越市は2014年6月16日、計画中の新水族博物館の指定管理者に、横浜市の「横浜・八景島シーパラダイス」を運営する横浜八景島(布留川信行社長)を選定したと発表した。来年度から2年間、現在の水族博物館を運営し、2017年度の新水族博物館オープン後は15年間、新施設を管理運営する。

横浜・八景島シーパラダイス
八景島シーパラダイス_S

今回の新水族博物館整備では、民間ノウハウを生かし質の高い事業にしようと、施設建設前に指定管理者を決めて、設計段階から指定管理者が関与できる整備運営手法を採用した。 新水族博物館は、「五感で学ぶ日本海」を基本コンセプトに、子供から大人までが楽しみながら学べる施設とする基本計画が策定されている。先月、基本設計を行う業者が日本設計に決まった。11月末をめどに行う基本設計に横浜八景島も関わっていく。

指定管理者の公募は5、6月に行われ、説明会には7社が参加したものの、応募は同社1社だった。有識者らによる選定委員会が実績やサービス、収支計画などの観点から審査し、同社に決めた。市は6月18日、市議会6月定例会に関連議案を追加提案する。

新水族博物館オープンまでの2015、2016年度の2年間は、市からの委託料年間1億260万円と入館料収入で現在の施設の運営を行う。新水族博物館オープン後は委託料なしで、入館料収入だけで運営する。

同社が運営する、海と島、生きもののテーマパーク「横浜・八景島シーパラダイス」は、水族館、遊園地、ショッピングモール、レストラン、ホテルなどを含む複合型海洋レジャー施設。

◇横浜・八景島シーパラダイスの公式サイト
http://www.seaparadise.co.jp/

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/52059622 新水族博物館整備に向けて検討を進めていた新潟県上越市の有識者による検討委員会は2013年11月19日、「五感で学ぶ日本海」を基本コンセプトとして打ち出し、建設場所や規模などを盛り込んだ検討結果報告書を村山秀幸市長に提出した。新水族博物館の建設を2期目の公約に掲げた村山市長は「内容…
https://www.joetsutj.com/articles/52056578 新水族博物館整備に向けて検討を進めている、新潟県上越市の有識者による検討委員会は2013年10月25日、同市西本町4の市立水族博物館で6回目の会合を開き、建設場所を同博物館駐車場の西側にある県立直江津中等教育学校の野球グラウンドが望ましいと示した。検討委は次回11月19日の会合で…
https://www.joetsutj.com/articles/52032073 新潟県上越市は2013年5月15日、新水族博物館整備に向けた専門家による検討委員会を設置した。委員会では新水族博物館の設置場所や展示内容などについての具体的な案を11月をめどにまとめる予定。市は市民や市議会にこの案を提示し、年度内に最終的な設置の可否について判断する。新水族博物館…
https://www.joetsutj.com/articles/52015221 新潟県上越市の新水族博物館の整備に向けた有識者による検討委員会が、集客見通しや事業収支、整備運営手法などをまとめた報告書が2013年1月25日、市議会総務常任委員会に示された。経営面からの実現可能性について検討してきたもので、報告書は「十分に経営が成り立つ」と結論付けている。市は…