ホーム > 2014/05

農家レストランも建設 JAえちご上越が地産地消複合施設

3年前

JAえちご上越は2014年5月28日、上越文化会館で開かれた通常総代会で、新潟県上越市大道福田の農産物直売所「あるるん畑」南側に地産地消複合施設を建設することを明らかにした。地場農畜産物を活用したスイーツやパン、総菜、ジェラートなどの商品の製造販売施設と、新鮮な地域食材をその場で食べることのできる農家レストランや、精肉、鮮魚の販売施設となる。2016年4月完成を目指す。概算事業費は約9億3000万円。

地産地消複合施設の建設予定地(上越市大道福田)
JAsisetu

着工は2015年度。敷地面積は約1万2300平方mで、建築延べ面積は約1200平方m。農家レストランと加工・販売棟、肉・魚販売棟の2棟を建設する。概算事業費の内訳は外構を含む建築費で4億8000万円、土地購入費は4億5000万円。

同JAでは建設に向けて準備室を早々に設置し、国の補助金活用などについて検討する。