ホーム > 2014/05

オレオレ詐欺で上越市内の70代女性が300万円被害

6年前

上越署は2014年5月26日、新潟県上越市内に住む70代女性から特殊詐欺(オレオレ詐欺)の被害届を受理したと発表した。被害額は300万円。

振り込め詐欺_S

発表によると、5月19日午後6時頃、女性の自宅に同居していない長男の名前を名乗る男から電話があり「携帯電話の番号が変わった」などと言われた後「株で800万円の損をした。500万円は自分で用意できるが、300万円を弁護士あてに送ってほしい」などと言われ、信用した女性は22日、指定された東京都内の住所にゆうパックで300万円を送金した。

その後も男から電話で追加の送金を要求され、26日に同市内の金融機関で預金の払い戻しをしようとしたところ、金融機関の職員から詐欺ではないかと指摘された。長男に確認したところ詐欺だと分かった。

同署は、「携帯電話の番号が変わった」と称したり、株での失敗、不倫解決の名目で「現金を送ってほしい」という流れが特殊詐欺の典型的な手口だとして、元の電話番号にかけて確認するよう呼び掛けている。

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/52076986 上越署は2014年3月26日、新潟県上越市内の70代女性から特殊詐欺の被害届を受理したと発表した。被害額は300万円。発表によると、17日午後11時30分頃、女性の自宅に長男と名乗る男から電話があり「熱が出てのどが痛い。携帯電話を修理中で一時借りた電話でかけている」などと言われた…