ホーム > 2014/05

ギネス申請認められず 総延長85kmの「灯の回廊」

6年前

新潟県上越市は今年2月に東頸地域の4区で開催した、総延長85kmの雪上にろうそくを灯すイベント「灯の回廊」をギネス世界記録として申請した結果、「ギネス世界記録の基準を満たしていない」として申請が認められなかったと発表した。

灯の回廊は、雪の中にろうそくを灯す幻想的なイベントで毎年行われているが、今年は安塚、大島、浦川原、牧も計4区で2月22日に開催された=写真=。

881c0c80-s

主催した市などは「雪上にキャンドルの灯された最も長いロード」として申請した。しかし、ギネスワールドレコーズジャパンの記録管理部は、ろうそくの間隔が長すぎることや、全てのろうそくが灯った状態で計測していないなどを理由に「ギネス世界記録として認められない」と通知した。

申請者代表の安塚観光協会では「残念ながらギネスのルールには当てはまらなかったが、これからも冬の一大イベントとして取り組んでいきたい」とコメントしている。

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/52060830 毎年2月に新潟県上越市の東頸地域の沿道で行われるろうそくの灯火をつなげるイルミネーションイベント「灯の回廊」が、来年はこれまでの安塚、大島、浦川原各区に牧区を加え計4区で開催される。総延長は約60kmにわたり、11万本のろうそくを灯す一大イベントとして、主催する同市では「世界記録…