来年の「えちご・くびき野100kmマラソン」市街地走るコースも

新潟県上越市最大のランニングイベント「えちご・くびき野100kmマラソン」の実行委員会は2013年11月8日、来年10月12日に開催される第10回大会について、従来の50kmコースを延長し高田、直江津両市街地や歴史的、文化的な名所などを通る60kmに変更すると発表した。節目の10回に加え、来年が高田開府400年を迎えることから記念大会として実施する。

60kmは例年通りうみてらす名立をスタート。海岸沿いを走った後、新たに五智国分寺や林泉寺、春日山、金谷山、高田城三重櫓のある高田公園、前島記念館をコースに追加。三和区に入った後、ゴールのユートピアくびき希望館を目指す。

これまでの50kmは直江津地区から三和区を通って希望館を目指すコースだった。

種目には100kmもあるが、コースの変更はない。また近年土曜の開催だったが、来年は日曜開催となる。

100kmマラソンは1996年から隔年で開催。昨年は約2000人が出場している。来年の申し込み方法などは後日発表される。


えちご・くびき野100kmマラソンの公式サイト

100k