ホーム > 2013/09

高田本町商店街への新規出店支援 サポートセンターを開設

6年前

新潟県上越市の本町商店街への新規出店を支援する「高田本町商店街出店サポートセンター」が2013年9月17日、同市本町5のほっとステーション五番館に開設される。商店街の活性化支援を目的に商店主などでつくるまちづくり会社「高田本町まちづくり」(諸原孝七社長)が開設する。

本町商店街(左がイレブンプラザ、奥のビルがあすとぴあ高田)
hontyou

高田地区は国の中心市街地活性化基本計画に基いて再開発が行われ、今年3月には本町4の大和上越店跡に商業施設「イレブンプラザ」が、4月には本町5に複合ビル「あすとぴあ高田」がオープンしている。高田本町まちづくりでは、再開発の効果によるにぎわいを継続しようと、今回初めて新規出店者向けのサポートセンターを設置する。

同社によると、本町3・4・5丁目で、約20の空き店舗がある。既存店舗と空き店舗の情報、行政や商工会などによる新規出店の補助金情報などを提供する。

同社では「市内で新規出店を考えている人が選択肢の一つとして本町を考えていただけるきっかけにしたい。一つでも空き店舗が埋まるよう情報提供していきたい」としている。

 相談時間は平日午前9時から午後5時。問い合わせは電話025-522-3415。

大きな地図で見る