ホーム > 2013/08

上越市三和区で未明に住宅全焼、隣家にも延焼

6年前

2013年8月16日午前2時50分ごろ、新潟県上越市三和区井ノ口の建設業、山岸孝雄さん(64)方から出火し、木造2階建て住宅約150平方mを全焼したほか、隣の会社員、横尾利幸さん(40)宅の屋根の一部約28平方mを焼き、同3時42分に鎮火した。けが人はなかった。

全焼した山岸さん宅
kaji

上越警察署などによると、山岸さんは妻と子供2人の4人暮らしで、出火当時山岸さんと二男(17)が家にいたが火事に気付き避難して無事だった。また隣家の横尾さんは親子3世代の6人暮らしで、全員が家にいた。横尾さんは「2階で寝ていたが、気付いたら窓の外に真っ赤な火柱が上がっていて、急いで逃げた」と話していた。

出火原因については上越警察署が調べている。