ホーム > 2013/07

上越市吉川区の男性が畑で倒れ死亡 熱中症か

7年前

新潟県の上越地域消防事務組合によると、2013年7月16日午後3時43分ごろ、上越市吉川区大乗寺の男性(87)が自宅近くの畑で倒れているのを、訪ねてきた介護職員が発見し、119番通報した。救急隊員が到着した時はすでに男性は心肺停止状態で、同4時33分に搬送先の市内の病院で死亡が確認された。死因は熱中症とみられる。

新潟地方気象台によると、上越市高田の最高気温は、午前11時38分に記録した30.1度だった。

上越消防事務組合管内では、9日に同市名立区の男性(88)が熱中症とみられる症状で死亡している。

熱中症で死亡したのは県内で2人目で、いずれも上越市内で発生している。

最高気温画像

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/52040555 上越地域消防事務組合によると2013年7月9日正午ごろ、新潟県上越市名立区東飛山の男性(88)が農作業に出たまま戻らないと男性の妻から119番通報があった。救急隊が現場に到着すると男性は田んぼの土手に倒れており、意識があったが搬送中に心肺停止状態になり、搬送先の病院で午後1時59…