ホーム > 2013/06

伊藤賢一ギターリサイタル 10月5、6日に高田小町で再演

6年前

2種類の弦を弾き分けて演奏する伊藤賢一さんのギターリサイタルが2013年10月1、2の両日、新潟県上越市本町6の町家交流館「高田小町」で開かれる。上越でのリサイタルは昨年に続き2回目。市内のプレイガイドでチケットを発売している。

伊藤さんは1975年に東京都新宿区で生まれる。14歳からアコーステックギターを弾き始め、98年に国際新堀芸術学院を卒業し、ソロ活動に入る。2001年にファーストアルバム「String Man」を発表。10年には雪国観光圏テーマ曲として「ゆきどけ」を作曲した。

ギターはクラシックギターのほか、スチール弦のアコースティックギターも使い分けて弾く。生ギターの特色を生かしたオリジナル曲と、奥深い音色は、各方面で賞賛されている。

開演は5日が午後6時から、6日は午後2時から。料金は大人前売り2000円、当日2200円、小中学生1000円、幼児無料。問い合わせは、主催の小竹製菓025-524-7805。

itou

↓伊藤賢一さんの公式サイト
http://kenichi-ito.com/

伊藤賢一さんの演奏(YouTubeより)