ホーム > 2013/05

出生時の重さと同じ「赤ちゃん米」を販売

6年前

新潟県上越市春日新田1の新潟の酒と米「まいどや」はこのほど、出産内祝いなどのギフトとして、生まれた時の体重と同じ重さの米を詰めた「赤ちゃん米」の販売を始めた。子供の画像が米袋のラベルになるなどの工夫が凝らされており、思い出に残る贈り物として人気を集めている。
1

価格により3種類から選ぶことができ、赤ちゃんの出生時と同じ重さの米を入れられる「スタンダード」が3200円から。3合の小さな米袋が三つ入った「ミニタイプ」が2400円。着物風の風呂敷で包むなど専属デザイナーが希望のデザインに応じる「オーダーメイド」が5000〜6000円となっている。

米は同店一押しのオリジナルブランド「矢代のこし光(矢代米)」のほか県産コシヒカリ3種類から選べる。また、同店で注文を受けてから精米するので、摺りたての米を届けることができる。

いずれの商品もギフトボックス入り。店主の杉田彰さんは「最高級の矢代産コシヒカリで誰にでも喜ばれます。世界で一つだけのギフトを贈りませんか」と話している。

同店ホームページからも申し込める。
http://www.maidoyasaketen.com