ホーム > 2013/04

いもり池でミズバショウ見頃 5月4、5日に「艸原祭」

6年前

新潟県妙高市池の平温泉のいもり池で2013年4月下旬、春の妖精・ミズバショウが白い帆を広げ始めた。ゴールデンウイーク初日の4月27日から環境省パークボランティアによるミズバショウ解説が始まった。解説は午前10時~午後5時。無料。

mizubasyou_w

いもり池周辺の約20ヘクタールの湿原には約10万株のミズバショウがある。4月21日に約10センチの雪が降るなど低温の日が続いたため、生育はやや鈍っているものの、白いホウは10センチほどに育っている。ゴールデンウイーク後半の5月3~6日が見頃になりそうだ。

mizubasyou2

恒例の「艸原祭」は5月5日に行われる。午前10時に屋台村などが開幕し、午後2時からゆるキャラ尻相撲大会、同3時から温泉ソムリエトークショー、同4時20分から和太鼓やブラスバンド演奏、同5時30分から高木いくのライブ、午後6時から御神火入場や火文字の火入れ、花火打ち上げなどが行われる。4日は前日祭として午前10時から屋台村、雪遊び広場などが開設される。

問い合わせは、妙高高原ビジターセンター0255-86-4599。

poster