ホーム > 2013/03

大和跡のイレブンプラザ 入居テナント5店舗発表

7年前

新潟県上越市本町4の大和上越店跡地に2013年3月28日にオープンする再開発商業施設「イレブンプラザ」のテナント発表記者会見が19日、現地で行われた。5店舗が常時営業する予定で、事業主体のイレブンビル(小倉潔社長)がドラッグストアや100円均一ショップ、飲食店など同施設で営業するテナントを明らかにした。

2013年3月28日にオープンするイレブンプラザ
イレブンプラザ1

入居する店舗は、

  • 大手ドラッグストアの「ウエルシア」
  • 昭和町2の店を移転する形で店を開くうどん専門店「讃岐うどん房鶴越」
  • 100円均一ショップの「ダイソー」
  • スペイン語で夜桜を意味する喫茶店「Sakura de la noche」(サクラ・デ・ラ・ノーチェ)。

この4店舗は3月28日にオープンする。

このほか5月のゴールデンウイーク後に、洋食の飲食店が開店する予定で準備を進めており、計5店舗が常時営業する。またイベント開催時にはクレープなどを移動販売する業者が入る予定。

5店舗合計の年間売上は4億2120万円を見込んでいる。

イレブンプラザは、2010年4月に撤退した大和上越店跡地の地権者らでつくるイレブンビルが事業主体となって建設された。延床面積は約2000平方m。国の認定を受けた中心市街地活性化計画の事業で、大和上越店の解体を含めた総事業費は6億1000万円。このうち3億8000万円が国からの補助金となっている。

小倉社長は「ここまで長い道のりで大和の跡地にこのような店ができて喜んでいる。大事な税金で立派な建物を作らせてもらった。本町商店街と一緒になって盛り上げていきたい」と話した。

サイト内関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/52014139 2013年3月28日にオープンする旧大和上越店跡の商業施設「イレブンプラザ」(新潟県上越市本町4)に、同市昭和町2のうどん専門店「讃岐うどん房 鶴越」(小川隆治店主)が移転して出店することになった。↓3月28日にオープンする商業施設「イレブンプラザ」のj完成予想図 同店は築40年…
https://www.joetsutj.com/articles/52011990 新潟県上越市の本町商店街で国の認定を受けた中心市街地活性化計画事業として建設が進んでいる旧大和上越店跡の商業施設「イレブンプラザ」(本町4)が2013年3月28日に、旧長崎屋跡の「あすとぴあ高田」(本町5)が4月12日にオープンする。↓あすとぴあ高田(左)と、イレブンプラザ(右)…
https://www.joetsutj.com/articles/51983585 新潟県上越市本町4の大和上越店跡地に建設される平屋の商業施設の起工式が2012年10月3日、行われた。名称は「イレブンプラザ」で飲食店やドラッグストアなどが入り、来年3月末にオープンする。↓現地で起工式が行われた(クリックで全体表示) 2010年4月に撤退した大和上越店跡地の地権…
https://www.joetsutj.com/articles/51713822 上越市内唯一の百貨店として親しまれてきた本町4の大和上越店(北村嘉介店長)が2010年4月25日閉店し、34年の歴史に幕を下ろした。↓動画4分44秒 最後の日は一日中混雑し、多くの買い物客でにぎわった。午後6時前には閉店セレモニーが行われ、市立城西中吹奏楽部と陸上自衛隊高田駐屯地…