6人重軽傷、建物など925件に 市内暴風被害

新潟県上越市が2012年4月5日午後4時現在でまとめた上越市内の暴風被害発生状況によると、これまで軽傷とされていた6人のうち、1人が重傷を負っていたことが分かった。また建物などの被害は925件に上った。

重傷の1人は男性(41)。4月3日午後9時45分、大潟区四ツ屋浜で、風で飛んできたトタンが当たり右手の甲を骨折した。軽傷の5人は風で飛んできた枝が頭などに当たったり、強風にあおられて転倒した。

建物などの被害925件のうち、住家は249件。物置や車庫など非住家は416件で屋根破損など。残りの260件は倒木や看板の破損など。
(2012年4月5日午後7時)


 2012年4月3日からの暴風により、新潟県上越市内では6人が軽傷を負い、建物など326件が壊れた。同市が4月4日午後4時時点で被害状況を集約し発表した。

軽傷の6人は風で飛んできたトタンや枝が頭などに当たったり、強風にあおられて転倒した。

建物などの被害326件のうち、住家は95件。強風でトタンや瓦など屋根が飛んだり、窓ガラスが割れるなどの被害があった。また物置や車庫など非住家は133件で屋根破損など。残りの98件は倒木が道路を塞いだり、看板が風で倒れて破損した。


藤新田2ではアパートの屋根が飛び、道路をふさいだ。(2012年4月3日午後3時50分撮影)

yane