台風並みの暴風で屋根飛び、トラックが横転

2012年4月3日、日本海で急速に発達した低気圧の影響で台風並みの強い風が断続的に吹き、新潟県上越市高田では瞬間最大風速30.2mを観測した。強風で住宅などの屋根がはがれる被害やトラックが横転するなどの事故のほか、停電も発生した。

国道8号関川大橋で横転したトラック(2012年4月3日午後4時30分ごろ撮影)
kokudou

気象台によると、上越市内では未明から強い風が吹き、午後0時18分には瞬間最大風速30.2メートルを観測した。
 上越市による4月3日午後6時30分現在のまとめでは、強風で飛んできた枝が頭に当たったり、風にあおられ転んだりして4人が軽いけがを負った。また屋根が飛ぶなどの建物被害が60件で、このうち住家は20件。

東北電力によると、午後1時過ぎから東城町1、木田1、北城町2、高土町、牧区、浦川原区などで、約2000世帯以上が停電した。

 藤巻では3日午前、上越大通り沿いの石材店の屋根がはがれた=写真=。
hujimaki

動画(1分31秒)

国道8号の関川大橋では午後3時19分、糸魚川から新潟方面に向かっていた3トントラックが強風にあおられて横転し、1時間余りの間片側車線が通行止めになった。

通称山ろく線から西側に入った藤新田2ではアパートの屋根が飛び、道路をふさいだ。(2012年4月3日午後3時50分撮影)

藤新田の屋根飛び

また交通機関も乱れ、午後3時前から、北陸自動車道は上越インターチェンジ(IC)ー親不知IC間の上下線で、上信越自動車道では上越ジャンクションー中郷IC間の上下線でそれぞれ通行止めとなった。鉄道は、快速くびき野や特急はくたかが運休。在来線も、運休や遅れが出た。

同気象台によると、強い風は4月4日朝まで続くとしており、十分な注意を呼び掛けている。

関連記事

◇午後10時時点で上越市内4392世帯が停電(2012年4月3日)
http://www.joetsutj.com/archives/51888123.html

◇暴風で上越市内延べ2000世帯以上が停電(2012年4月3日)
http://www.joetsutj.com/archives/51887829.html