ホーム > 2010/10

冬型で今季一番の寒さ 妙高山に雪

9年前

強い寒気の影響で2010年10月27日朝、上越地方では各地で今季最低気温を観測した。妙高市の山沿いなどでは雪が降り、妙高山の裾野まで雪化粧した様子が上越市内からも見られた。ただ、頂上付近は雲に覆われ、妙高市関川のいもり池付近からも初冠雪は確認できなかった。

2010年10月27日朝、上越市内からも妙高山の裾野に雪が見えた
20101027myoukou1s


 前日の夜から寒気が流れ込み、冬型の気圧配置が強まった影響で27日、各地で今季最低気温を記録。上越市高田は5.6度と平年より3.2度低く11月中旬並み、妙高市関山は3.4度で平年より4.7度低く11月下旬並みの寒さとなった。

晴れた日には標高2454mの妙高山を水面にくっきり映し出すビュースポットとして知られるいもり池付近にはこの日の朝、4cmほどの雪が積もった。妙高山のいただきは雲に覆われており、冠雪の様子は見えなかった。

気象庁によると妙高山の平年の初冠雪は10月15日。初冠雪とは夏が終わったあと雪が山頂付近に積もり、白くなっているのを山麓の気象台や測候所から初めて見えたときのことを言う。妙高山の初冠雪は、2007年に高田測候所(上越市)が無人化されて以来、気象庁の観測項目から外されている。

2010年10月27日午前のいもり池の様子
20101027myoukou2

2010年10月27日午前、赤倉温泉街の路面に雪
20101027myoukou3s


2010年10月27日の夕方になって、西の空の雲が少し晴れ、妙高山の山頂が頭を出した。

上越市から見た妙高山の山頂付近には雪が筋のように見え、初冠雪したことが分かった。