ホーム > 2017/08

有料動画の利用料かたる架空請求詐欺で上越市の30代男性が190万円被害

3か月前

上越警察署は2017年8月2日、新潟県上越市在住の30代男性から架空請求詐欺の被害届を受理したと発表した。男性は「有料動画の未納料金がある」と書かれたメールを受け取り、190万円をだまし取られた。

同署によると、男性のスマートフォンに2017年7月11日、「有料動画の未納料金がある。本日中に連絡がない場合、法的手続きに移行する」と書かれたショートメールが届いた。男性がメールに書かれた番号に電話すると、相手の男から「電子マネーギフト券で未納料金を払ってほしい。後日、金額の95%を返金する」と言われたという。男性は7月14日までに、複数のコンビニエンスストアで5万円分の電子マネーギフト券を計38枚購入。男にギフト券の番号を伝え、合計190万円をだまし取られた。男性は、返金の期日になっても男から連絡がなかったため、だまされたと気付いた。

同署管内で今年確認されている特殊詐欺の被害件数は、8月2日現在13件で、被害額は約2140万円。同署は「7月下旬から、詐欺の前兆電話が相次いでいる。怪しい連絡を受けた場合は、警察に相談してほしい」と呼び掛けている。

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/18968000 上越警察署は2017年7月29日、新潟県上越市在住の80歳代女性から特殊詐欺の被害届を受理したと発表した。女性は次男になりすました男から「大宮駅まで現金300万円を持って来て欲しい」と電話で言われ、北陸新幹線に乗って大宮駅まで向かい、弁護士を名乗る男に300万円をだまし取られた。…