レルヒさんのバリケード 上越市内に初登場

新潟県のゆるキャラ、レルヒさんの単管バリケード(安全柵)が2016年8月、上越市内の工事現場などに初登場した。片面はレルヒさんが一本杖スキーをしている姿、反対側にはスノーボードを楽しんでいる姿が描かれている。

上越市内に初登場したレルヒさんのバリケード(大貫2)
レルヒさん

バリケードは「株式会社レックス」(本社新潟市)が、商標を持っている新潟市の印刷会社と共同で開発したもので、道路建設業者などに貸し出している。

同社レンタル上越店の高桑淳店長は、「現在は上越地域でしか見られないが、今後は長岡や新潟にも登場する予定」と話す。

17日から20日まで全国中学校の柔道大会がリージョンプラザ上越で開かれており、大会キャラクターがレルヒさんであることから、駐車場内で同バリケードが使われ、注目を浴びていた。

レルヒ少佐の銅像がある金谷山に近い大貫では、大和土建工業が下水道工事現場などで、レルヒさんのバリケードを使っている。工事部の久保埜学土木課長は「当初はトッキッキのバリケードを使っていたが、レルヒさんに替えた。レルヒ少佐の地元だから、PRになると思う」と話していた。

片面ずつデザインが異なるレルヒさんのバリケード(リージョンプラザ上越)
レルヒさん3S

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/52029318
https://www.joetsutj.com/articles/32224847
https://www.joetsutj.com/articles/52053836
https://www.joetsutj.com/articles/52077712
https://www.joetsutj.com/articles/51823263
https://www.joetsutj.com/articles/51811676