ホーム > 2019/11

釜めしの「いちる」が11月から土日限定でランチ営業開始 忘新年会予約も受付中

2週間前

=記事広告=

創作和食店「四季邸一縷」から、2019年8月に釜めし店にリニューアルした「釜めし・すき焼き いちる」(新潟県上越市下源入)。11月から、週末の土日曜限定でランチ営業を始める。

好評の釜めしを夜だけでなく、週末のランチでも楽しんでもらおうと実施する。人数に合わせた個室を用意し、通常メニューのほか週末限定の日替り釜めしも提供する。

炊きたてで提供される釜めし(一例)
釜めし

同店の釜めしは新潟産コシヒカリ100%で、小鉢、みそ汁、薬味、漬物、だしがセット。注文を受けてから羽釜で炊き上げるもので、釜めしならではの“おこげ”も楽しめる。

具材は海鮮、肉、山菜など全10種で、地場産素材が中心。豪快な盛り付けと濃厚な味わいの「日本海紅ずわい蟹釜めし」(税別2730円)や、豚角煮とトロッとした卵の組み合わせが絶妙な「柔らか角煮と温泉卵釜めし」(税別1580円)が人気だ。

いちるのメニュー
メニュー

同店ではまた、忘新年会予約も受け付けている。冬の味覚プラン(7品5000円)や、特選牛肉すき焼きプラン(8品6000円)、特選牛肉すき焼きプラン蒸しあぶら蟹付き(9品7000円)がある。プランは税込みで、2時間飲み放題。10人以上でマイクロバス送迎も可。

「釜めしも宴会料理もおいしい恵みをぜいたくに詰め込みました。ぜひご利用ください」と同店では話している。

いちるの忘新年会プラン
いちるランチ営業_入稿-2

ランチは土日の午前11時30分〜午後2時30分。夜は午後5時30分〜9時30分(金土、祝前日は10時まで)。予約宴会・法要は午前11時30分〜午後9時30分。1時間前ラストオーダー。火曜定休。

電話 025-530-8011

釜めし・すき焼き いちる
いちる_新外観

釜めし・すき焼き いちる