ホーム > 2019/04

“越後姫”を丸ごと使用 小竹製菓が5月7日まで「スペシャルサンドパン」発売

6か月前

上越のソウルフードとして知られる「小竹のサンドパン」を製造・販売する新潟県上越市南高田町の「小竹製菓」(小竹孝雄社長)は2019年4月27日〜5月7日までの大型連休中、上越産の新鮮なイチゴを丸ごと使用した「スペシャルサンドパン」を発売する。

大型連休限定で販売される「スペシャルサンドパン」(390円)
スペシャルサンドパン2

スペシャルサンドパンは、上越市大潟区にあるイチゴ園「苺の花ことば」で栽培している完熟の「越後姫」を使用。イチゴは農園からほぼ毎日配達されるフレッシュなものを丸ごと使う。

小竹加洋子店長は「イチゴは甘めのバタークリームに負けない糖度がある。柔らかいコッペとの相性も抜群」とほれ込んだ。

イチゴがつぶれないよう、専用のパッケージに入れ「サンドパン」のシールを貼った特別仕様。イチゴとコッペパンがなくなり次第、販売を終了する。

価格は1個390円(税別)。販売開始は各日とも午前9時30分から。問い合わせは、025-524-7805

大潟区のイチゴ園「苺の花ことば」の完熟越後姫を丸ごと使用している
スペシャルサンドパン1

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/51715221 上越市内で製造販売されているサンドパン 「サンドパン」と言えば、新潟県生まれの人なら「コッペパンにバタークリームがはさんであって、レトロなデザインの袋に入っているやつ」と答えるだろう。ところが、県外の人はどうも、コロッケなどをはさんだ調理パンや、サンドイッチ風のパンなどを…
小竹製菓