ホーム > 2020/11

「デゴイチ」お披露目イベント11月28日 えちごトキめき鉄道が参加者募集

2週間前

新潟県上越市のえちごトキめき鉄道は2020年11月28日、直江津駅に隣接する直江津運転センターで、今月に和歌山県から搬送された蒸気機関車(SL)D51形827号機のお披露目イベントを開催する。18日正午まで、メールで参加者を募集している。

イベントでは転車台に乗ったSLの旋回実演があり、参加者は扇形庫内で間近にSLを見学したり、写真を撮ったりできる。体験乗車はできない。時間は午前11時20分、午後0時30分、午後1時40分の3回で、1回の所要時間は約50分。各回の定員は40人。参加費無料。

11月28日にお披露目イベントが開かれるSL(D51)
D51②

応募はメールのみで、件名を「SL・D51に親しむイベント申込」とし代表者の氏名、住所、電話番号、参加人数を記入する。アドレスは、[email protected]。申し込み多数の場合は抽選となる。

D51は1943年に製造され1973年に廃車となった。鉄道輸送などを手掛けるアチハ(大阪市)が、約40年間保存していた鉄道愛好家の遺族から2017年に買い取り、和歌山県有田川町の有田川鉄道公園で動態保存していた。石炭を使用せず圧縮空気で動くように改造されており、トキ鉄では観光庁の補助金を活用して和歌山から陸送し、リースした。来年度から運転センター内での体験乗車を実施する予定だ。

イベントの問い合わせは、えちごトキめき鉄道025-546-5520(平日午前10時〜午後5時)。

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/07946794 宙に浮く「デゴイチ」――。新潟県上越市のえちごトキめき鉄道直江津駅に隣接する直江津運転センターに2020年11月1日、蒸気機関車(SL)D51形が和歌山県から陸送された。約100tの黒い巨体は3分割されてクレーンにつるされ、トレーラーから降ろされた。同社はD51を「鉄道の町・直江津」のシンボルに位置付け、来年度から体験乗車などができる「直江津レールパーク」を開設する考えだ。…
イベント会場の「直江津運転センター」