ホーム > 2017/10

【秘湯探訪】お肌ツルツル美人の湯 妙高市寸分道の温泉がリニューアル

7日前

新潟県妙高市の新井中心市街地から南東に約13km。長野県境に近い寸分道すぶんどう集落に秘湯「深山みやまの里(仏ケ峰霊泉)」がある。驚くほど肌がつるつるになる温泉で知られ、手打ちそばが名物だ。このほど浴室がリニューアルされ、2017年10月8、9の両日、お披露目のフェアが行われた。

たどり着くまでが大変な “秘湯中の秘湯”

国道292号を走り、姫川原交差点から飯山方面に向かい、堀之内交差点で上小沢方面へ。小局を過ぎたあたりから人家がなくなり、“秘湯”の雰囲気が漂ってくる。片側はガードレールがない崖で、すれ違いも困難な細い道が続き心細くなる。

道中は険しいが、素晴らしい景色が目の前に広がる
寸分道

カーブが連続する急坂を登ると、標高が500mを超える。鍋倉山などの峰々が眼の前に広がり、紅葉を前にした初秋の景色が美しい。新井中心市街地から約40分。携帯電話の電波も届かない、わずか3世帯の寸分道集落に到着した。

奥山の秘湯「深山の里」

妙高市寸分道の「「深山の里」
施設

「深山の里」は、元々地域の人が廃屋を使って、約2.5km離れた信越県境から鉱泉を引き、自家製の手打ちそばで訪問客をもてなしていた。その後、市が過疎化を食い止めようと施設を買い取って1985年秋に大規模改修し、現在は集落センターを兼ねて運営している。

この日はリニューアルを記念し、入浴と食事のセットが割り引きになっていたこともあり、多くの入浴客が訪れた。

肌が驚くほどツルツルになる“化粧水”のような温泉
寸分道鉱泉

今回は約350万円をかけ、洗い場を中心にリニューアルした。浴槽は一つしかないが、一度に7、8人が入れる。客の状況により、男女の入浴を入れ替えて利用している。

泉質は「含硫黄-ナトリウム-塩化物泉」で、21度の源泉を加温。肌がすべすべするが、風呂上がりはさっぱり。とても温まるお湯だ。

コシが強い本格手打ちそば

コシが強い本格手打ちそば
そばセットS

風呂から上がったら、お待ちかねの手打ちそば(要予約・700円)が運ばれてきた。自家栽培の在来種を石臼でひき、つなぎにヤマゴボウ(オヤマボクチ)の葉を使う昔ながらの作り方だ。独特のコシの強さと、そばの風味が素晴らしい。この日は、天然のなめこ汁、野菜サラダ、自家製のキャラブキ、マコモダケ入りの春巻が付いた。

これから紅葉シーズンに入る。何もない自然の中で、のんびり過ごすのはいかが。

【入浴・食事とも予約制】

◇住所:新潟県妙高市寸分道(カーナビは下平丸5613で検索)
◇電話:0255-75-2028(FAX:0255-75-2756)
 *留守の場合は留守電に連絡先を入れる
◇営業時間:10:00〜17:00(冬季の1~3月は休業)
◇入浴:大人300円、子供150円
◇休憩:1時間200円
◇公式サイト:http://miyama.myoko-gt.com/

深山の里

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/18949961 2015年に廃業した新潟県上越市牧区宇津俣の秘湯「鷹羽鉱泉」が、温泉好きのグループ「鷹羽会」によって施設が再整備され、入浴が可能になった。毎週日曜などに野天風呂が一般開放され、地元のほか、全国から秘湯ファンが訪れている。…