ホーム > 2020/11

ガス灯ともる上越市ガス水道局新庁舎完成 11月24日業務開始

2週間前

新潟県上越市春日山町3の春日謙信交流館隣接で建設工事が行われていた、同市ガス水道局の新庁舎が完成し、2020年11月24日から業務を開始する。最新のガス機器の展示やクッキングルームなどがあるショールーム「ガステラス」を新設したほか、震度7の地震にも耐えられる耐震性や自家発電装置を備え、災害発生時のライフライン復旧拠点としての機能も強化した。

ガス灯がともる上越市ガス水道局新庁舎
ガス燈(よこ)

敷地面積は約3909平方m。鉄骨造3階建て、延床面積約2600平方mの庁舎棟と、局所有車両10台を駐車する車庫棟があり、駐車場は来庁者用25台を含む61台。総事業費は約13億1500万円で、このうち約12億5100万円が自主財源。

1階のガステラスはビルトインコンロやガス衣類乾燥機、ガスファンヒーター、ガス温水床暖房などの最新のガス機器を展示・実演し、やわらかな暖かさや洗濯物がふわふわに乾くなど、電気製品と比較しながらガス機器の特長を体感できる。クッキングルームでは6人程度の少人数の料理教室開催も可能。土日祝日も営業する。

ショールーム「ガステラス」の床暖房体感コーナー
ガステラス床暖房

クッキングルームではビルトインガスコンロとIHクッキングヒーターを比較できる
ガス水道局②ガステラス1

ガステラスに設置された「アクアウォーターパネル」
ガス水道局アクアウォーターパネル

2、3階は主に執務スペースで、窓口カウンターには新型コロナウイルス対策として飛沫予防パネルを備え付けた。3階は、災害時にガス管や水道管の被災状況の把握や応急復旧の検討を行う災害対策室、職員の保安教育や業者の資格取得や更新のための研修を行う保安講習室があり、会議室として一体的に利用もできる。

西側駐車場には、機械除雪で除雪した雪置き場の雪を地中熱を利用して無動力で融かす「堆雪場融雪」を導入し、将来の公共施設や民間事業者への導入に向けた実証実験を行う。

3階の執務スペース
ガス水道局執務スペース

西側駐車場にある地中熱を利用して機械除雪した雪を融かす「堆雪場融雪」
ガス水道局融雪

正面となる春日山駅側入り口には、1918年(大正7年)から同市の公営ガス事業が始まり、今後も市民の暮らしと産業を支え続けることを願い、ガス灯2基を設置した。夕暮れとともに温かみのある明かりがともされる。24日は午前10時から関係者による開所式が行われる。

上越市ガス水道局新庁舎

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/98998450 新潟県上越市ガス水道局は2018年9月10日、新庁舎建設に向けた基本設計を市議会農政建設常任委員会で明らかにした。新庁舎には新たに最新のガス機器の展示コーナーや災害対策室を設ける。事業費は概算で11〜13億円と見込んでおり、2020年の冬までに供用を開始する予定。…
https://www.joetsutj.com/articles/27532988 上越市役所第2庁舎の火災から今月で1年が経過した。村山秀幸市長は2018年8月24日の記者会見で、「残念ながら警察からの情報はない」と述べ、原因が未だ特定されていない状況を明らかにした。また、放火か失火かなど火災の原因が、復旧財源や保険金に影響することから、村山市長は当面…
https://www.joetsutj.com/articles/29434159 新潟県上越市は、同市木田1の上越市役所敷地内にある市ガス水道局を、近くの春日謙信交流館隣の同局所有地(春日山町3)に移転新築させる。2017年8月6日に発生した火災で市役所第2庁舎が焼損したことを受け庁舎再編の方針案をまとめた。現在のガス水道局庁舎は改修して同市の一部の部局を移転し、第1庁舎と同様に基幹庁舎として使用する。どちらも2021年度の供用開始を目指す。…