ホーム > 2015/11

理想のレストラン考えよう 新水族博物館に併設 UDS株式会社が開催

5年前

2018年にリニューアルオープンを目指している上越市立水族博物館に併設予定のカフェやレストランについてUDS株式会社が、上越市民に意見を聞くワークショップを2015年11月25、26日に開催する。UDSは設立当初「キッザニア東京」の企画に参画した会社で、参加者を募集している。

同社の中川敬文社長は、新水族博物館の展示内容や機能について検討してきた検討委員会の委員をつとめており、市は同社に飲食スペースのサービスやメニュー、空間演出などの企画を依頼している。

ワークショップは2種類。いずれも、どんな空間だと行きたくなるかなどについて、小グループに分かれて気軽な雰囲気で話し合う。

上越市内在住で小学生以下の子供の子育て中の人を対象にした「家族と行きたい! 友達と行きたい! 理想のカフェ・レストランを考えよう」と題したワークショップは11月25日午後1〜4時と、同26日午前10時から午後1時の2回。軽食や飲み物が用意され、リラックスした雰囲気で意見交換などを行う。子連れで参加できる。会場は水族博物館会議室で、定員はそれぞれ15人程度。

参加者募集チラシ_子育て世代20151118

市内に在勤、在学している20代、30代を対象にした「仕事帰りに仲間と行きたい! 集まりたい! 理想のレストラン居酒屋を考えよう」は11月25日午後6時30分から同9時30分。会場は直江津学びの交流館(中央1)で、定員は15人程度。終了後には会場を移して懇親会も予定されている。

参加者募集チラシ_働く若者20151118

申し込みは電子メール[email protected]。問い合わせは電話03-3372-0231。

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/52126124 新潟県上越市が2018年春のオープンを目指して整備を進めている新水族博物館の基本設計が出来上がり2015年4月25日、同市頸城区百間町のユートピアくびき希望館で報告会が開かれた。基本設計にあたった日本設計の篠崎淳さんが、施設内外のイメージ映像などを映しながら、詰め掛けた約60人の…