ホーム > 2021/06

初の芸術祭「なおえつ  うみまちアート」開催に向け準備着々

2か月前

新潟県上越市直江津地区の活性化を目指し、今夏初めて開催される芸術イベント「なおえつ うみまちアート」(2021年8月1日〜9月26日)。まちなかに展示する現代アート作品の制作が進むほか、イベントのロゴデザインが決定し、ホームページが開設されるなど、着々と準備が進められている。

ホームページでは参加作家などを紹介(クリックするとホームページが開きます)
スクリーンショット 2021-06-20 17.19.58

同イベントは、同市と「無印良品 直江津」を運営する良品計画、頸城自動車の3者による地域活性化の包括連携協定に基づき実施される。船見公園周辺や安国寺通り商店街など、直江津地区の4か所を会場に、8組の作家によるアート作品が展開される。

6月18日には第3回実行委員会が同市中央1の直江津学びの交流館で開かれ、作品の制作状況などを共有したほか、イベントのロゴデザインが発表された。

決定したロゴは、イベントのテーマが海と町、人であることから、直江津の海をイメージした青地に、豊かな表情を見せる人の顔の手書きイラストと、イベント名を白抜きで配置。イベント事務局は「コロナ禍の中、人が笑顔になればいいなと、多様性を表現する人の顔を設定した」と説明した。今後ポスターなどに使用していく。

決定したイベントロゴ
rgbなおえつうみまちアート_ロゴ_メディア用-01_基本形

翌19日には、作家がデザインしたシャツを住民らが着て生活し、直江津の風景を彩るという作品に向け、シャツの試着会が同館で開かれた。壁画、刺しゅうアーティストの松岡亮さんが直江津を歩いて感じたことなどを、カラフルな布を縫い付けるなどして表現した白いシャツが30枚用意され、協力を希望する住民らが参加。実際にシャツを着用し、デザインのモチーフについて話し合うなど楽しみながらサイズを確認し、シャツを持ち帰った。

作家デザインのシャツを試着する住民ら。作品の一部となって9月上旬まで日常的に着用し、直江津の風景を彩る
20210619うみまちアートシャツ試着会

夫婦で参加した同市中央5の女性(58)は「地元を盛り上げたくて参加した。カラフルでおしゃれなデザインなので、日常的に着てまちに彩りを与えられたら」。イベントのキュレーターを務める鈴木潤子さんは「まちを活気付けるために、まずは市民にアートを楽しんで元気になってもらいたい。たくさん着て一緒に作品を完成させてほしい」と話した。

参加者が着たシャツは9月中旬に松岡さんがつなぎ合わせて1枚の布にするライブソーイングを行い、完成した作品を展示する。

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/73962078 まちなかでの現代アート作品の展示を通じて新潟県上越市直江津地区の活性化を目指そうと、同市などが今夏に予定している芸術イベントの実行委員会の初回会合が2021年4月30日、上越市中央1の直江津学びの交流館で開かれた。7000万円の予算をかけた本格的なアートプロジェクトで、イベントの…