ホーム > 2016/03

上杉謙信と越後十七武将達が2.5頭身キャラに パンフとYoutubeでPR

3年前

新潟県上越地域振興局は、上杉謙信の魅力を伝えるパンフレットを作成した。謙信のほか、上杉景勝や直江山城守ら越後十七武将たちが2.5頭身キャラクターとなって登場し、謙信の生い立ちや好物などを紹介する。無料配布しているほか、同局のホームページからダウンロードできる。また動画もユーチューブで公開されている。

県の地域活性化モデル事業の一環として、春日山の歴史をピーアールしようと、上越観光コンベンション協会などと連携して2万部を作成した。今後の増刷も検討されている。

キャラクターは、市埋蔵文化財センターに展示されている「上杉謙信公と十七武将達の屏風絵パネル」を参考に、越後上越上杉おもてなし武将隊の上杉景勝役と足軽のつばめ役がデザインした。かわいらしいイラストに仕上げることで、子供から大人まで幅広い年齢層に興味を持ってもらえるよう工夫されている。

パンフレットの表紙
20160307上杉謙信2

パンフレットによると、謙信は戦さで43勝2敗25引き分けの優秀な戦績を誇ったほか、馬に乗る時も酒を飲むほどの酒豪で、梅干しを肴として食べていたという。このほかにも、多くの功績や小ネタが記載されている。

同振興局は「県外の観光客はもちろん、地元上越の人にも上杉謙信公について知ってもらえる機会。このパンフレットで、謙信公のファンが増えることを願っている」と期待を込めた。同武将隊は「多くの人にパンフレットを読んでもらい、謙信公に興味を持ってもらえたらうれしい」と話している。