ホーム > 2017/12

自虐ネタ、小ネタ、ギャグ満載! 「上越妙高ふるさとかるた」発売

1週間前

「善兵衛は急げ!」「棚から出陣餅」「二度あることはサンドパン」「普通盛りでもオーモリラーメン」……。新潟県上越地方の地域ネタを盛り込んだ「上越妙高ふるさとかるた」が2017年12月5日、上越市と妙高市の書店などで発売される。1セット1,000円(税込み)。

組み立て式の箱がついた「上越妙高ふるさとかるた」
かるた

郷土の自然、食、歴史などを紹介するカタログ的な「ふるさとかるた」は全国各地に存在するが、「上越妙高ふるさとかるた」は、そのようなふるさと自慢ではなく、“大雪自慢”のような自虐的なもの、上越地域に住んでいる人しか分からない小ネタ、本質をえぐり出すギャグなどを盛り込み、“究極の郷土愛”をうたっている。

小ネタやブラックユーモアたっぷり
かるた3333

かるたは絵札と読み札が各44枚あり、組み立て式の箱が付いている。読み札の裏には解説が入っており、あまり知られていない豆知識が満載だ。

店舗やネットでお買い求めください

取り扱い店は、上越市の春陽館書店、知遊堂上越国府店、戸田書店、蔦屋書店(上越インター店・高田西店)、高田世界館、上越妙高駅西口のフルサット、クラフト&ギャラリークッカ(直江津ショッピングセンターエルマール内)。妙高市の文教堂書店新井店、あらい道の駅くびき野情報館。

発行元の上越情報プレスでも取り扱っている。問い合わせは、電話025-521-7025

遠方の人などはYahoo!ショッピングでも購入できる。