ホーム > 2018/10

今冬は暖冬少雪の予想 気象庁の3か月予報

6か月前

新潟地方気象台は2018年10月24日、北陸地方の3か月予報(11月〜2019年1月)を発表した。寒気や冬型の気圧配置の影響を受けにくく、12月と1月の降雪量は平年並みか少ない見込みで、今冬は暖冬少雪の模様。

pixta_暖冬_S

予報によると、向こう3か月は北からの寒気や冬型の気圧配置の影響を受けにくく、気温は高い見込みだ。

11月は低気圧や前線の影響を受け、平年と同様に曇りや雨の日が多くなる予報。12月と1月は寒気の影響を受けにくく、平年と比べて曇りや雪または雨の日は少ないと予想されている。