ホーム > 2020/12

全国唯一のオリジナル仕様 “デニム生地” 鉄印帳発売 えちごトキめき鉄道

3か月前

新潟県上越市のえちごトキめき鉄道は2020年11月28日、表紙と裏表紙を“デニム生地”にした同社オリジナルの「鉄印帳」を発売した。オリジナル鉄印帳の発行は全国で同社のみという。

えちごトキめき鉄道のデニム生地のオリジナル「鉄印帳」
デニム鉄印帳①

鉄印は寺社が参拝者に授ける「御朱印」の鉄道版で、鉄道会社名にイラストやスタンプなどを組み合わせたもの。鉄印帳は鉄印を記帳する専用の台紙。鉄印と鉄印帳は、地方鉄道と沿線地域の振興を目的に「第三セクター鉄道等協議会」に加盟する全国40の鉄道会社と関係会社が連携し、今年7月から販売している。

鉄印帳はこれまで全国共通の紺、ピンク、ブルー、緑、黒の全5色の販売だったが、同社は毎月の鉄印の販売数が全国1位を誇ることなどもあり、特別仕様のオリジナル鉄印帳を製作した。

デニム生地(左)と通常の紺色の鉄印帳
デニム鉄印帳②

手に取ったり、コレクションとして部屋に飾ったりしてもなじむようにデニム生地を採用し、カジュアルな雰囲気に仕上げた。紺色のデニム生地に映えるよう、鉄印帳の文字やマークの箔押しを金色から銀色に変え、裏表紙には「NO TRAIN NO LIFE」のメッセージロゴを入れた。オリジナル鉄印帳の発行は全国で同社のみという。

価格は税込み2500円で、直江津駅と糸魚川駅の窓口で販売している。時間は午前7時から午後8時まで。転売防止のため1人1冊に限る。紺色の通常の鉄印帳(税込み2200円)も、引き続き販売している。問い合わせは同社025-546-5520