ホーム > 2021/01

記録的大雪で幹線道路を歩いて出勤 連休明け初日

2週間前

記録的な大雪で交通をはじめ市民生活がまひした新潟県上越市は2021年1月12日、連休明け初日を迎えた。朝、雪で狭くなった幹線道路を多くの市民が行き交う車の脇を歩いて出勤していた。また、臨時休業する企業もあった。

上越市西城2の上越大通り(2021年1月12日午前8時頃)
DSC_4095

12日午前9時の高田の積雪は215cm。7日から降り続いた雪は前夜にやんだが、幹線道路の上越大通りの両脇には2mを超える雪壁が出来、歩道はほとんど雪に埋もれた。車道は対向車とのすれ違いがやっとの状態だったが、両脇を徒歩で通勤する人々が時折、雪壁側に車を避けながら歩いた。

普段は、自家用車で通勤する人がほとんどだが、大雪で通行不能な道が多く、また車を駐車場から出せないなどで多くの市民が徒歩で出勤した。

上越大通りを職場に向かって歩いていた介護職の30代女性は「私は比較的近いのでまだいいが、1時間以上かけて出勤してくる人もいる」と話していた。大貫の自宅から西城町の勤務先まで徒歩で出勤したという病院職員の30代女性は「道が狭くて歩きづらくて大変だった」と話していた。

市内では従業員が出勤できなかったり、店舗などの除雪が間に合わなかったりで臨時休業する企業も相次いだ。上越市役所では、災害時として職場に出勤できない職員は、最寄りの総合事務所などに徒歩で出勤するなどの態勢で執務している。

大雪の関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/67323711 新潟県上越市は2021年1月11日、大雪災害対策本部会議を開き、高田地区で一斉雪下ろしを実施する方針を明らかにした。市内全域で道路の除雪が追いついていないため、市立小中学校の臨時休業を15日まで延長する。また、道路除雪が進まないことから、市民に不要不急の車での外出などを控えるよう…
https://www.joetsutj.com/articles/66890291 記録的な大雪にみまわれている新潟県上越市で2021年1月11日深夜、上越大通りに面した南本町1の家屋が倒壊した。倒壊した家の資材が上越通りにはみ出し通行止めとなった。雪の重みで雁木などが上越大通り側に倒壊した家屋(2021年1月11日午前6時頃撮影) 現場は上越大通りの有沢製…
https://www.joetsutj.com/articles/79155789 新潟県上越市高田は2021年1月10日午後1時時点で、積雪244cmを記録し、240cmを超えたのは「3年豪雪」の1986年1月以来35年ぶり。市内の幹線道路は立ち往生が相次ぎ、市道なども通行不能な道が多く、市は11、12日のごみ収集の休止を決めるなど都市機能がまひしている。市…
https://www.joetsutj.com/articles/67103730 強い冬型の気圧配置の影響で上越地方は7日午後から8日にかけて雪が降り続き、新潟地方気象台によると8日午後6時時点の積雪は、上越市高田で156cm、安塚は238cm、妙高市関山では161cmを記録。各地で大雪となった。強い冬型は10日頃まで続く見込み。「顕著な大雪」大規模交通障害の…
https://www.joetsutj.com/articles/53752691 強い寒気の影響で2021年1月10日頃にかけて暴風雪や大雪が予想され、新潟県教育委員会は1月9日に予定していた直江津など県立中等教育学校6校の入学試験を11日に延期すると発表した。上越市内では小中学校14校が1月8日の休校や授業カットを決めた。上越市は交通機関の運休や停電、通行止めなどの情報を市ホームページで一元的にまとめている。…