ホーム > 2017/07

民家の床下浸水や法面崩落など 上越市が大雨の被害状況発表

2年前

新潟県上越市は2017年7月2日、前日までに降った大雨の被害状況をまとめた。高田地区の民家1軒で床下浸水、中郷区の温泉施設の機械室への浸水があったほか、道路や農地など49か所で冠水や土砂流出、法面崩落などの被害があった。けが人は確認されていない。

対策本部会議に臨む村山市長(2017年7月2日)
20170702-DCS_4513

上越市によると、7月1日に市内で観測された最大降水量は、名立区平谷の217mm。市内では昨年7月26、27日にも大雨があり、国指定史跡の春日山城跡の一部が崩落するなどの被害が発生。この時は、市内で観測史上最大となる24時間あたりの降水量242.5mm(同市高田)を記録したが、昨年の大雨に迫る降水量となった。

住宅被害では、高田地区の民家1軒で床下浸水があったほか、中郷区の「松ケ峯温泉ひばり荘」の機械室が浸水した。

公共施設の被害は、上越妙高駅自由通路の雨漏りと城山浄水場のシャッターの破損の2件。上越妙高駅自由通路では、天井の埋め込み型ライトの縁から雨漏りしていることが7月2日午前7時までに分かり、市職員がカラーコーンやバケツを置くなどして対応した。城山浄水場では、排水処理棟裏の斜面が崩れて土砂が押し寄せシャッターが破損した。

道路の冠水は16件確認されているほか、道路への土砂流出や法面崩落などは6件、農道や林道の路肩や法面などの崩落や土砂流出が13件、農地の法面崩落や冠水などが13件、河川閉塞が1件となっている。

避難勧告は板倉区、和田区、保倉区などの4647世帯1万3221人に発表され、避難の準備を呼び掛ける「避難準備・高齢者等避難開始」は2万4677世帯5万8835人を対象に発表された。市内34か所に開設された指定避難所には135人が避難した。

また上越市は今年1月、災害発生時には障害者や要介護者を受け入れてもらうよう、市内の介護施設などと「福祉避難所」の設置に関する協定を締結。今回、33施設で初めて福祉避難所が設置され、6人が避難した。市高齢者支援課によると、設置の際のトラブルなどはなく、スムーズに要介護者らを避難させることができたという。

新潟地方気象台によると、上越地方では7月1日に引き続き、7月2日も「大雨警報(土砂災害)」が発令されている。7月2日午前6時から7月3日午前6時までの予想雨量は、多いところで200mmとなっている。上越市は今後の降雨に備え、職員が交代して勤務し、24時間体制で警戒にあたっている。

災害対策本部長を務める村山秀幸市長は「気を緩めないで、次にやってくる雨、土砂災害に備えるという緊張感を持つように」と職員に指示した。

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/82554451 活発な梅雨前線の影響で大雨になっている新潟県上越市は2017年7月1日午後0時30分に大雨災害警戒本部を設置、同1時10分に大雨災害対策本部に切り替えた。避難勧告が出ているのは矢代川流域の和田地区全域と、保倉川流域の保倉区、北諏訪区、頸城区の一部。上越市内の避難対象は、合わせて4647世帯、1万3221人に及んでいる。大雨の影響で冠水や土砂崩落などの被害が出ている。…
https://www.joetsutj.com/articles/55420906 新潟県上越市は大雨で保倉川遊水池外観測所の水位が避難判断水位の7.75m(標高)を超えたことから、2017年7月1日午後2時5分、保倉区、北諏訪区、頸城区の一部地域に避難勧告を発表した。対象となるのは2595世帯、7343人。避難地域は次の通り。…
https://www.joetsutj.com/articles/48175976 新潟県上越市は夜半から続く大雨で、矢代川石沢観測所の水位が避難判断水位を超えたことから、2017年7月1日午後1時10分に、和田地区全域に避難勧告を発表した。また、板倉区柄山と上久々野の一部に土砂災害の危険が高まったとして、午後0時15分に避難勧告を発表した。…