ホーム > 2017/04

高田城百万人観桜会の入り込みは132万人 4年連続の130万人超え

6か月前

新潟県上越市は2017年4月18日、今年の「高田城百万人観桜会」の入り込みが132万7000人だったと発表した。2年前に記録した過去最多の133万2000人には5000人差で届かなかったものの、4年連続で130万人を超える結果となった。

満開後初の週末で混雑する高田城付近(4月15日)
20170415観桜会のにぎわい5

今年の観桜会は、4月1~17日の17日間の会期で開催された。上越市観光振興課などによると、開花日が昨年よりも5日遅い4月6日となったことから、会期前半の入り込みは伸び悩んだものの、4月10日に満開となり、その後は花が散らず見頃が続いたため、後半の入り込みが順調に推移した。昨年よりも2万6000人増えた。

観桜会の入り込みは、東日本大震災のあった2011年は100万人を下回ったものの、2012年以降は6年連続で100万人を超えている。

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/21280094 第92回高田城百万人観桜会(4月1〜17日)を主催する上越観光コンベンション協会などは2017年4月6日、会場となっている上越市の高田公園にある調査木のソメイヨシノが開花したと発表した。昨年より5日遅く、平年よりも2日早い。調査木は同公園内忠霊塔前にある約100年樹のソメイヨシノ。全…