ホーム > 2015/09

上越地域振興局分館の屋上から飛び降りか 新潟県職員(41)が重傷

5年前

2015年9月7日午後3時前、新潟県上越市本城の県上越地域振興局駐車場で、同局に勤務する県職員の男性(41)が倒れているのを通行人の女性が見付けた。上越警察署では現場の状況から、男性が現場前にある4階建ての同局分館の屋上から飛び降り自殺を図った可能性が高いとみている。男性はろっ骨や骨盤を骨折する重傷を負い市内の病院に搬送されている。

男性が屋上から飛び降りたとみれられる上越地域振興局分館
上越地域振興局

同署によると、遺書などは見付かっていない。分館は高さ約16.2mで、屋上には転落防止用の高さ1.1mの柵があり、その先の建物の縁まで1.8mあるため、誤って転落した可能性は低いとみている。また屋上では男性の足あとだけが確認されたという。

↓続報