ホーム > 2019/09

【TJ調査隊】ご当地「顔ハメ看板」を集めてみた

2か月前

観光地や駅、店の店頭など設置されている「顔ハメ看板」(顔出し看板)。丸い穴から顔を出して撮った写真は、ちょっとマヌケだけど、愛さずにはいられない。撮る人も撮られる人も一緒に笑いあえるコミュニケーションツールでもある。

上越地域にある「顔ハメ看板」を集めてみた。看板に描かれた地域性あふれるキャラクターは、観光客に上越のイメージを強烈に印象付けるのではないだろうか。

高田城三重櫓

家紋は違うが、松平忠輝と五郎八姫をイメージして作られた。土日曜、祝日と観桜会期間中などに三重櫓下の屋外に設置される。

高田城三重櫓
高田城4

見晴らし屋

春日山を上がって上杉謙信像近くの料理店にある。上杉謙信の隣にいるのは、大河ドラマ「風林火山」に登場した直江実綱の娘「浪(なみ)」をイメージしているとか。

「見晴らし屋」の屋外に展示
見晴らし屋1

埋蔵文化財センター

上越市埋蔵文化財センター内にある。上杉謙信が馬に乗って疾走する姿が描かれている。来年3月末まで「越後上越謙信公と春日山城展」が開かれている。

上杉おおてなし武将隊の垂れ幕と並んで設置されている
文化財センター1S

関川の関所

顔ハメの穴がなく、「顔出し看板」だ。小道具として用意されている笠を着けて撮影するのがおすすめ。

関川関所内に設置。パネルから顔を出して撮影する
関川関所

上越妙高駅

裏側に「記念撮影に新幹線の運転手気分で!はい・ポーズ」と書いてあった。2人並んで撮影できる。

上越妙高駅の新幹線パネル。運転手気分が味わえる
上越妙高駅

信越本線潟町駅

上越市大潟区に伝わる「かっぱ伝説」を表現した。大潟町小学校の平成27年度6年生の作品。駅のホームに置かれている。

潟町駅のホームにあるかっぱの手書きパネル
潟町駅顔出し

二本木駅

スイッチバックの駅「二本木駅」のホームにある。中郷区のイメージキャラクター「さとまる」も一緒。

スイッチバックの二本木駅をピーアール
二本木駅顔出しパネル2

道の駅あらい

イラストレーターのひぐちキミヨさんが描いたかんずりの雪さらし、妙高のはね馬、燕温泉の露天風呂、笹ヶ峰牧場、スキーなどのイラストが楽しい。クマがオープンカーに乗っている。

妙高市の魅力がいっぱいのパネル
道の駅あらい

あるるんの杜

JAえちご上越のマスコットキャラクター「えこもりん」が描かれている。おんぶしている赤ちゃん(玄米)の部分から顔を出す。

あるるんの杜に行ったら撮影したい「えこもりん」
あるるん4N

小竹製菓

パッケージがかわいい「笹だんごパン」をPRしようと、2016年春に店頭に設置した。子どもたちに大人気。

南高田の小竹製菓の店頭に置いてある
笹団子パン顔ハメ

いっさく上越インター店

新元号「令和」を記念して店内入り口付近に設置。「ありがとう平成」「さようなら平成」と書かれている。

「令和」記念に1枚どうぞ
いっさく1

ご当地グルメ✕国際交流フェスタ会場

2019年8月24、25の両日、上越市役所春日野駐車場を会場に開かれた「ご当地グルメ✕国際交流フェスタ」の会場に、顔ハメ看板が2基登場した。いすれも謙信公祭にちなんだもの。

フェスタ会場の「ちびっ子祭り」エリアに搭乗した顔ハメ看板
ご当地グルメ会場の顔ハメ

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/48107048 夏本番を迎えた新潟県。車で上越市内を通行していると、上越大通りや山麓線などの幹線道路には真夏というのに今だにスノーポールが設置されたままだ。スノーポールは冬に除雪作業を行う除雪車や通行するドライバーに道路の路肩の位置を知らせる。冬期間のみの設置で、毎年春には撤去されていたのだが……。…
https://www.joetsutj.com/articles/54441824 「武道館」といえば、東京・日本武道館。日本を代表するコンサート会場としても知られ、ミュージシャンが一つの目標とするのが「武道館ライブ」。新潟県上越市戸野目古新田の上越総合運動公園内に2019年12月1日、県内武道関係者待望の県立「謙信公武道館」が開館する。北信越地域では最大規模を誇る謙信公武道館で音楽コンサートはできる?…
https://www.joetsutj.com/articles/10690803 ゴールデンウィーク中、ミズバショウが見ごろを迎えた新潟県妙高市のいもり池周辺。数年前から「ミズバショウが小さくなった」という声を聞くようになった。上越地方では一番大きな群生地であり、重要な観光スポットでもある。いったい、何が起きたのだろうか。…
https://www.joetsutj.com/articles/17355543 新天皇即位による改元を前に2019年4月1日、新元号が発表される。発表が近づき新元号への関心が高まるが、上越市には名前に明治以降の元号を冠する地名が過去にあったものも含め6か所ある。過去にあった「明治村」、現在あるのは「昭和町1丁目」「昭和町2丁目」「上昭和町」「清里区平成」「平成町」だ。これらの村や町の名称はどのような経緯で付けられたのだろうか。また改元後、市内に新元号を冠する地名が誕生する可能性はあるのだろうか。…
https://www.joetsutj.com/articles/21440916 新潟県上越市本町5の高田駅前通りのあすとぴあ高田前に設置されていた上杉謙信像が載った郵便ポストが2018年7月に取り外され、普通の郵便ポストに付け替えられた。この謙信像の郵便ポストは、市民に親しまれていたほか、ユニークなご当地ポストとして郵便ポスト愛好家などにも知られていたが、老朽化などを理由に撤去された。…
https://www.joetsutj.com/articles/53711314 新潟県上越市の高田公園の外堀約19haを埋め尽くすハスを、上越市民は「東洋一のハス」として自慢している。だが、「東洋一」の根拠はあるのか。もっと規模の大きなハスの生育地があるのではないか。わがTJ調査隊は、はるばる宮城県まで調査団を派遣したのだった。…
https://www.joetsutj.com/articles/81824023 2018年6月26日のグランドオープン以降、大勢の来館者が訪れている新潟県上越市の新水族博物館「うみがたり」だが、真新しい館内に旧水族博物館時代に人気を集めた巨大淡水魚「ピラルク」の姿がなく、SNSなどには「どこに行っちゃったの? 」「さみしい」など“ ピラルクロス ”が広がっている。うみ…
https://www.joetsutj.com/articles/34632936 「皇国の興廃この一戦に在り、各員一層奮励努力せよ」──。今から113年前の1905年5月27日、日露戦争で日本海軍がロシアのバルチック艦隊を対馬沖で迎え撃つ際、連合艦隊司令長官東郷平八郎が全軍の士気を鼓舞した有名な訓示である。この時の様子を描いた絵画「日本海海戦 三笠艦橋の図」の複製画に、東郷自ら訓示を記した貴重な絵画が新潟県上越市の市立春日新田小にある。…
https://www.joetsutj.com/articles/44868762 2018年5月13日まで行われた春季北信越高校野球新潟県大会で、上越市では高田公園野球場が試合会場となった。高田公園野球場では選手がグラウンドではなく駐車場でグラブを手に“ 守備 ”に就く姿が見られた。球場の外の駐車場に飛んでくるファウルボールが車や人に当たるのを防ぐため、野球部員が飛んできたボールをキャッチしていたのだ。…
https://www.joetsutj.com/articles/75887441 「1日あれば九州・博多まで日帰り旅行できるんじゃないの?」。2017年8月31日付の「上越妙高—博多間新幹線で1万円! JR西日本の乗り放題切符9月1日発売」という記事を読んだ人からの提案である。ネットの「乗換案内」で調べると、日帰り旅行が可能だということが分かった。TJ調査隊は2017年10月1日早朝、1万円の乗り放題切符を持って上越妙高駅を出発した。目的は「博多ラーメン」を食べて帰ること。だが、京都駅で理解不能のアクシデントが発生した。果たしてラーメンを食べて帰れるのか……。…
https://www.joetsutj.com/articles/24631093 私が子供の頃、上越市の高田公園にはサルやトラ、クジャクなどの動物がいて、よく遊びに行きました。新潟県内には動物園がなく、長野県へ行くしかありません。なんとか昔のように動物を飼育できないものでしょうか。(上越市・50代女性)…
https://www.joetsutj.com/articles/92867574 妙高市在住の匿名希望さんから、次のような情報が寄せられた。私は妙高市在住の者です。国道292号線・栗原地内を車で走行中に、民家の敷地内にモンゴルのゲル(移動式住宅)が建っているのを見掛けました。どういう理由で建っているのか、中はどうなっているのかすごく気になるので、ぜひ取材お願いします…