ホーム > 2020/10

上越市役所にまた爆破予告 警察が警戒 業務は通常通り

1週間前

新潟県上越市によると、市役所庁舎を爆破するなどといった内容の電子メールが2020年10月12日までに市に送られてきた。爆破予告時刻は10月13日午前9時30分で、市は上越警察署と協議した結果、13日朝から警察官が庁舎や敷地内をパトロールして警戒し、市の業務は通常通り行う予定。

メールは、13日午前9時30分に市役所正面玄関から、ダイナマイトと毒性の非常に強い神経ガスが発生する「ノビチョク溶液」の入った一升瓶を投げ込み、その後、ライフルで生き残った人間を殺害するという内容だったという。

市によると、メールは10日の夕方、市ホームページの交通政策課の問い合わせフォームで送信された。翌11日に気付き、市と警察で対応を協議していた。

9月23日にも市役所庁舎や市内の学校などを狙った爆破予告メールが届いている。

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/70002603 新潟県上越市によると市役所庁舎や学校などの爆破などを2020年9月23日に爆破するという内容の電子メールが市に送られてきた。市立の小中学校では予告時刻前後に児童生徒をグラウンドに避難させる措置を取ったほか、市役所などを警察官が警戒した。…