ホーム > 2015/05

高田地区19軒で「オープンガーデンと花めぐり」 6月21日まで

6年前

新潟県上越市高田地区で個人の庭などを一般開放する「オープンガーデンと花めぐり」と銘打ったイベントが2015年5月21日、スタートした。会期は6月21日までの1か月間。期間中、19軒の庭の花々、山野草などを鑑賞することができる。

4階の屋上で公開されている本町5の内山ガーデン
【カラー】20150519オープンガーデン内山さん

同イベントで庭を一般開放する会員たちによる団体「オープンガーデン愛好会」(内山千代子会長)と、毎年秋に開かれるイベント「城下町高田花ロード」の実行委員会(熊田和子実行委員長)が今年初めて企画した。

同市でのオープンガーデンは2008年、高田地区の有志により花ロードのイベントの一つとしてスタート。10年には花ロードで有志11軒が庭を開放し、多くの草花愛好者らを魅了した。翌年には「オープンガーデン愛好会」が発足。現在は19軒が会員として活動している。秋だけではなく、「花の多い今の時期に多くの方たちから花を見ていただきたい」という会員たちの声から同イベントが開催される運びとなった。

庭を開放しているのは高田本町周辺エリア、東城町エリア、東本町エリア、脇野田エリアの一般家庭、寺院、映画館、高校など19軒。このうち、本町5の内山会長が管理する「内山ガーデン」は4階の屋上を開放している。コバノズイナ、ハナミズキ、クレマチス、ユリなど約400種の植物が楽しめる。「花の鑑賞を通して高田の街を知ってもらえるきっかけになれば」と話す。寺町3の斉藤シズさん宅は20品種のバラやゼラニウム、テッセンなどが華やかに咲き誇る。「期間中は次々と花が咲きます。楽しんでくださいね」と話している。

主催者は「『花を折ったり持ち帰ったりしない』など、お庭を通してお互いが素敵な時間を過ごせるよう、マナーを守って」と呼び掛けている。

オープンガーデン愛好会の会員も随時募集している。問い合わせは内山会長(080-4334-4582)、イベントの問い合わせは本町4丁目商店街振興組合(025-523-2517)。

自宅周辺が華やかに彩られている寺町3の斉藤さん宅
【カラー】20150519オープンガーデン斉藤さん

↓「オープンガーデンと花めぐり」のちらし
http://hanaroad.honcho.jp/news/upimg/opengarden_flyer2015spring.pdf

↓「オープンガーデンと花めぐり」アクセスマップ
http://hanaroad.honcho.jp/news/upimg/opengarden_map2015spring.pdf