ホーム > 2021/12

「寅だるま」「招き寅」でいい年に イラストレーターひぐちキミヨさん制作

2か月前

新潟県上越市在住のイラストレーター、ひぐちキミヨさん(63)が来年のえと「寅」にちなみ、縁起物の「寅だるま」と「招き寅」を制作した。同市西本町3の直江津ショッピングセンターエルマールで開催中の「ひぐちキミヨ ゆく年くる年」で販売している。

ひぐちさんが制作した「寅だるま」(左)と「招き寅」
ひぐちさん寅

ほのぼのとした味わい深いタッチで、直江津や高田の街並み、飲食店などを描いているひぐちさん。昨年末に「丑だるま」を初めて制作し好評だったことから、今年は寅だるまと招き寅の2種類に取り組んだ。

寅だるまは高さ約9cm、幅約7cm。周囲の赤と顔の黄色のコントラストが鮮やかで、正面には寅の文字が入る。招き寅は高さ約10cm、幅約7cmで、普段ひぐちさんが制作している招き猫をアレンジし、くりっとした目の“かわいい”寅で福を呼び寄せる。正面には寅の文字のほかに、鯛も描いた。二つとも貯金箱になっている。

ひぐちさんは「(コロナ禍で)まだ大変な時期ですが、寅だるまと招き寅の顔を見て“ほんわか”していただけたら。無病息災、どなたもいい年になりますように」と話していた。

寅だるま1400円、招き寅1200円。イベントは12月15日までで、 時間は午前10時から午後6時まで(最終日は午後5時まで)。

「天ぷら五郎」(寺町2)
DSC_5505

会場では高田や直江津の風景などの約700種類の絵はがきのほか、市内の飲食店などを描いた毎年人気の「あの店この店カレンダー」など2022年のカレンダー5種類も販売。「天ぷら五郎」「丸山鮮魚店」「相川菓子店」「浜写真館」などが月替わりで登場する。A4判1200円、卓上型1000円。

丸山鮮魚店(本町1)
DSC_5506

相川菓子店(仲町1)
DSC_5508

問い合わせは電子メール(kimiyo.higuchi@gmail.com)で受け付けている。カレンダーはイベント終了後は、直江津ショッピングセンターエルマールの「クラフト&ギャラリークッカ」で販売する。

展示販売会場の「エルマール」