ホーム > 2016/05

関根学園高校北の山麓線にクマ出没 上越市が注意呼び掛け

3年前

2016年5月9日午前9時頃、新潟県上越市大貫2の県道上越新井線(通称山麓線)の関根学園高校から北へ100m地点で、車を運転していた女性が歩道に体長100cmほどのクマがいるのを目撃した。上越市によると同日は午前6時過ぎにも大貫の金谷山公園ホタルの宿付近でクマが目撃されており、市では注意を呼び掛けている。

クマが目撃された関根学園高校から北に100mの山麓線
DSC_2299

上越市によると同日午前6時10分頃、大貫の金谷山公園ホタルの宿付近で、散歩中の女性がクマ1頭を目撃。その後午前9時頃には、北東に約700m離れた山麓線の歩道で目撃された。歩道にいたクマは道路西側の薮へ逃げて行ったという。その後同日午前中には、山麓線の西側にある関根学園高校グラウンド付近でも目撃されている。

市や警察が現場付近をパトロールしている。山麓線の目撃地点から近くにある市立高田西小学校では職員らが付き添って集団下校を実施する。

現場の場所