ホーム > 2021/08

県立中央病院で個人情報書類を誤交付 本年度3回目

2か月前

県立中央病院(新潟県上越市)は2021年8月13日、患者の氏名、生年月日、診断名、検査内容が記載された検査依頼書を別の患者に誤って交付したと発表した。同病院では今年4月と5月にも同様の事案があった。

同病院よると、今月6日、患者の検査依頼を医療クラークが医療情報システムに入力。検査科へ提出する検査依頼書を印刷し机上に置いた。同日、看護師が別の患者に交付する入院案内書類を同じ机上で準備した際、誤って検査依頼書を混入させた。書類の内容確認が不十分なまま、本来渡すべきではない患者に交付した。

12日、書類を受け取った患者が自分のものではない検査依頼書を持参したことから漏えいが判明した。同日、誤交付した検査依頼書を回収。両患者に謝罪した。

また、検査依頼書が誤交付されたため、病院にはない状態だったが、誤交付を疑わず再度印刷し、検査を予定通り行った。

同病院は「患者様に渡す書類すべての内容確認を徹底します。患者様ごとのトレーで整理することを徹底します」としている。

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/58899485 新潟県立中央病院は2021年5月20日、患者の住所、氏名、生年月日、病名、入院期間を記載した診断書を別の患者に誤って交付し、個人情報の漏えいが判明したと発表した。発表などによると今月14日、同病院を受診した患者から診断書の作成を依頼された際、医師が誤って別の患者の診断書を作成。医…
https://www.joetsutj.com/articles/57499299 県立中央病院(新潟県上越市)は2020年10月23日、同病院の職員が薬剤の説明書を誤って別の患者に交付し、個人情報が漏えいしたと発表した。誤って別の患者に交付されたのは氏名、生年月日、薬剤名、効能などが書かれた説明書1枚。22日に診察時間が連続していた患者の書類を誤って渡した。同病…
https://www.joetsutj.com/articles/57652730 新潟県は2020年4月23日、上越市新南町の県立中央病院で県が医事業務を委託している業者の職員が、個人情報が記載された外来診療費領収書と診療明細書を誤って別の患者に渡していたと発表した。委託先はBSNアイネット(新潟市)で、22日午後5時35分頃、同社職員が会計窓口で誤って別の…