ホーム > 2018/01

新年限定の “いぬパン” 5日から販売 あるるんの杜で1日限定30個

6か月前

戌年にちなみ、新年限定商品 “いぬパン" が新潟県上越市大道福田のJA地産地消複合直売施設「あるるんの杜」内の米粉パン工房「じゃぱん」に登場する。愛らしい表情の犬の顔をモチーフにしたパンで、販売期間は2018年1月5日から14日まで。1日30個限定。1個100円。

中身は自家製あんことバターの組み合わせ
犬のパン

同店のパンは妙高市産米粉を使用したモチモチ食感の生地が特徴で、常時50種類の多彩なパンが並ぶ。新商品、季節商品も積極的に開発し、飽きのこないラインナップでリピーターも多い。

いぬパンは新年に販売する新商品としてスタッフ全員で考案した。中身は定番人気のあんバター。あんこは地元産あずきを使ったつぶあんで、甘さ控えめの自家製だ。あんことバターの割合は「絶妙なバランスに仕上げた」とスタッフたち。

5日から14日まで、1日限定30個で販売される「いぬパン」
犬パンスタッフ

犬の表情に統一性はなく、“美人さん" や “イケメン" はもちろん、“おとぼけ顔" までさまざま。部門長の遠藤城光さん (28) は、「幅広い世代から楽しんでもらえると思う。新年価格として安く設定した。多くの方から食べてもらいたい」と話している。 新年の営業は1月5日から。営業時間は午前10時から午後6時。水曜定休。

あるるんの杜