ホーム > 2016/10

上越妙高駅に8300球のLEDイルミネーション 地元有志市民が設置

4年前

北陸新幹線の上越妙高駅で2016年10月15日、地元の有志市民によるイルミネーション「雪と光のページェント」が始まった。2017年2月28日までの期間中、樹木に取り付けた8300球のLED電球を点灯させ、駅周辺をライトアップする。

駅東口の樹木をLEDでライトアップ
電球 (1)

電球 (3)

大和2の有志市民ら約50人で構成される「大和二丁目・上越妙高駅と共に歩む会」(前川正治会長)が、同駅周辺のにぎわいを創り出し、地域の活性化につなげようと実施。今年3月から構想を練り、駅東口の桜の木15本にLED電球を取り付けた。

初日となったこの日は、会場で点灯式を実施。会場に集まった大勢の市民の前で、前川会長は「みんなで知恵を出し、汗を流しながら活動してきた。イルミネーションで地元の明るい雰囲気やにぎわいを生み出し、上越の活性化につながるとうれしい」とあいさつした。

記念すべき最初の点灯直前には、会場に詰めかけた市民らと一緒にカウントダウン。機材トラブルでLED電球が点かないというアクシデントに見舞われたものの、市民らは「頑張れ」という声援を寄せたり、「市民の手作り感があって良いね」と微笑みながら会員を励ましていた。約10分後に無事に明かりが灯ると、会場からは歓声が上がった。

大和小学校6年生男子は「明かりがきれいだった。地域に住むみんなの上越妙高駅になったような気がした」と感想を語った。

点灯時間は午後5時から11時まで。

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/30700366 新潟県上越市の「大和2丁目・上越妙高駅と共に歩む会」(前川正治会長)は2016年10月15日から、北陸新幹線の上越妙高駅東口で「雪と光のページェント」と銘打ったイルミネーションを実施する。来年2月28日までの期間中、樹木に取り付けた8300球のLED電球を点灯させ、駅周辺をライトアップする。点灯時間は午後5時から11時。…