ホーム > 2017/07

現在地での建て替え求め5028人分の署名提出 上越地域医療センター病院

2年前

新潟県上越市が改築を予定している上越地域医療センター病院(上越市南高田町)について地元の南高田町など15町内の町内会長が2017年7月19日、村山秀幸市長を訪ね、現在地での建て替えを求める5028人分の署名簿を提出した=写真=

DSC_4042

老朽化による同病院の建て替えについては、金谷地区と和田地区の住民がそれぞれに地区内への新築移転を市に要望しており、誘致合戦の様相を呈している。こうした動きを受け現在地での建て替えを求める病院周辺の15町内会は6月から署名活動を行ってきた。

各地区の住民から移転要望のある場所
map

建て替えについて市は有識者などからなる「上越地域医療センター病院基本構想策定検討委員会」を設置。経営形態、収支計画、建設予定地などについて11月頃をめどに決め、年度内に基本構想案をまとめる予定にしている。

この日は、南高田や南本町、東城町、南城町などの町内会長15人全員が村山市長を訪問。村山市長は「大切な市民の気持ちとして十分に受け止めた。このことは検討委にも報告する」と署名簿を受け取った。

町内会長の一人が「移転ありきではないのか」と質問すると、村山市長は「皆さんはすぐ場所の話をするが、医師不足の中で病院の役割や機能、経営などどを議論しないと場所は決まらない。どこで決まっているなどということはまったくない。これからの検討委の中で議論される」と説明した。

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/08759255 新潟県上越市は上越地域医療センター病院(上越市南高田町)の改築について、建設予定地を2017年11月に選定するとした基本構想策定スケジュールを明らかにした。同病院の改築をめぐっては、地元住民が現在地での建て替えを求めているほか、上越妙高駅近くや金谷地区への移転を求める要望書も各地区の住民からそ…