ホーム > 2017/09

上越市が病院運営の一般財団法人設立へ 来年度から上越地域医療センター病院委託

4週間前

新潟県上越市は同市営の上越地域医療センター病院(同市南高田町)の運営管理について、来年度までに同市が出資して一般財団法人を設立し、指定管理者として委託する方針を明らかにした。病院設立当初から指定管理者として運営してきた上越医師会が、本年度末以降は受託しない意思を示していることから、来年度以降のあり方の検討を進めてきた。

2017年9月22日夜の同病院基本構想策定委員会で市が説明した。

同病院は2000年3月、国から移譲された国立高田病院を市営の病院として開院。以来これまでずっと上越医師会が指定管理者として運営してきた。昨年度末の指定管理契約更新に向けた協議の際、市が3年間の更新を求めたのに対し、医師会からは更新しない意向が示された。新たな形態への移行準備などのため、本年度1年間に限り指定管理を継続している。

j1

市は、直営や独立行政法人など複数の形態を比較検討した結果、6年連続の経常黒字など安定的な経営をしてきた同病院の実績を踏まえて現状に近い経営形態として、一般財団法人を選んだ。市が100%出資して病院の管理を目的とした一般財団法人を設立し、指定管理を委託する。理事などの役員にも積極的に関与する。

現在の病院職員は、基本的に全員新たな法人に雇用され、給与などの待遇、退職金の勤続年数なども引き継がれる。市は14、15日に全病院職員を対象にした説明会を開き、その際大きな異論はなかったとしている。

市は今後、定款案などを作り、法人設立の経費などを市議会12月定例会に提案する。来年1月に法人を設立する予定で、来年4月からの職員の移行と運営開始を目指している。

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/14568881 新潟県上越市和田地区の住民や企業などが、上越地域医療センター病院(同市南高田)を同地区にある上越妙高駅近くに誘致し、周辺に公共施設や老人ホーム、専門学校などを配置する約10万平方m規模の土地利用構想を上越市に要望していたことが2017年8月4日までに分かった。要望書には具体的な配置図のほか、病院移転後の跡地利用の計画も盛り込まれている。…
https://www.joetsutj.com/articles/97373216 新潟県上越市が改築を予定している上越地域医療センター病院(上越市南高田町)について地元の南高田町など15町内の町内会長が2017年7月19日、村山秀幸市長を訪ね、現在地での建て替えを求める5028人分の署名簿を提出した。老朽化による同病院の建て替えについては、金谷地区と和田地区の住…
https://www.joetsutj.com/articles/08759255 新潟県上越市は上越地域医療センター病院(上越市南高田町)の改築について、建設予定地を2017年11月に選定するとした基本構想策定スケジュールを明らかにした。同病院の改築をめぐっては、地元住民が現在地での建て替えを求めているほか、上越妙高駅近くや金谷地区への移転を求める要望書も各地区の住民からそ…