ホーム > 2019/04

桜の満開期間 過去20年で最長タイへ 気温低く見頃続く 高田城百万人観桜会

3か月前

第94回高田城百万人観桜会が開かれている新潟県上越市の高田公園で、約4000本の桜が満開の見頃を迎えている。平年より気温の低い日が続き、8日の満開宣言から5日目の2019年4月12日時点でも花が散る様子はほとんど見られず、例年より長い期間、満開の桜が訪れる人を楽しませている。

満開宣言から5日目の高田公園の桜(2019年4月12日)
DSC_2429

満開5日目だが花びらが散る様子はほとんど見られない
DSC_2417

雪の中開花 その後も低温

今年の高田公園の桜の「開花宣言」は4月2日で、雪が降る中で行われた。翌日3日も3cmの積雪を観測している。その後5〜7日は最高気温が平年を超え、8日に「満開宣言」をしたが、11日までは最高気温が平年より約4〜10度低い日が続いた。

DSC_2439

満開期間過去最長は6日間

観桜会を主催する上越観光コンベンション協会によると、高田公園の桜の満開期間は過去20年間、最も短い年では3日、最も長い年でも6日だった。今年は12日で5日目となり、13日も満開ならタイ記録となる。

満開5日目の12日も気温低く

12日は、好天に恵まれたものの、気温は正午で11.0度と肌寒かったが、多くの人が公園に繰り出した。

DSC_2473

上越市上中田の男性(71)は妻と孫(4)の3人で会場を訪れ、芝生広場の満開の桜の下、自宅から持参した弁当や露店で購入したもつ煮などを広げた。男性は「風が冷たくて少し寒いけど、桜は満開で最高だね。良い時に来られましたよ」と話していた。

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/04441542 第94回高田城百万人観桜会が開かれている新潟県上越市の高田公園の桜が2019年4月8日、満開となった。観桜会を主催する上越観光コンベンション協会が同日朝発表した。昨年に比べ4日遅い満開となった。8日、高田公園の桜は満開となった(2019年4月8日午前10時頃撮影) 同公園の桜は今…
https://www.joetsutj.com/articles/90077878 第94回高田城百万人観桜会(2019年4月1日〜15日)を主催する上越観光コンベンション協会などは観桜会2日目となった2019年4月2日午後、観桜会会場の高田公園内にある桜「ソメイヨシノ」の調査木が開花したと発表した。開花は昨年と比べ3日遅く、平年に比べて6日早い。この日は上空に強い寒気が入り、朝から雪に見舞われる寒い一日となり、雪が降る中での開花宣言となった。…
https://www.joetsutj.com/articles/30249767 新潟県上越市高田は寒気の影響で雪に見舞われ、2019年4月2日朝にかけて2cmの積雪を記録した。「日本三大夜桜」として知られる高田城百万人観桜会が前日に開幕した高田公園も雪化粧した。雪化粧した高田公園の芝生広場(2019年4月2日午前8時頃) 新潟地方気象台によると、新潟県の上空にこ…