PR 「2世帯完全分離型」「23畳の大空間LDK」 上越・妙高で住宅2棟見学会 ハーバーハウス

「完全分離型の2世帯住宅」「23畳の大空間LDK」、タイプの異なる住宅2棟の完成見学会が、2022年12月17、18日に、新潟県上越市春日山町と、妙高市栗原で開催される。主催は県内トップクラスの住宅販売数を誇るハーバーハウス(本社・新潟市)で、予約なしで自由に見学できる。

プライベートも確保! 上越市の分離型2世帯の家

春日山町3地内の家は、延べ床面積約51坪の2世帯住宅。外壁はグレーの細い石積み調サイディングとリアルな木目調サイディングを掛け合わせ、ナチュラルモダンに仕上げた。

生活リズムが異なる世帯間で気を使うことがないよう、1階と2階で居住スペースを分けた完全分離型の暮らし。キッチン、バスなどの水回りはもちろん、リビングダイニング(約17畳)も各階に設け、親世代、子世代それぞれのペースで過ごせるようにしているのがポイントだ。

内装のベースはナチュラルなブラウン系カラーだが、収納の棚板や扉はキッチンと同じホワイトにしたことで明るい印象を持つ。親世代、子世代との暮らしは、共有、分離など、考え方はさまざま。今回公開される家は完全分離型の一例として、家づくりの参考にしやすい。

物件の詳細、会場はこちら

上越市春日山町の家(イメージパース)

ホームパーティーもOK! 妙高市の23畳LDKの家

妙高市栗原3地内の家は、延べ床面積約38坪の4LDK。外壁はデザインの異なる2種類のタイルを掛け合わせて、スタイリッシュに仕上げた。

隣接する洋室と合わせれば23畳以上にもなる広々としたリビングダイニングが特徴で、友人を呼んでホームパーティーをしたりできるような間取り。キッチン周りは、台上を熱や傷、汚れに強いセラミックトップにしたほか、食器やキッチン用品などを隠せる扉付き大容量収納棚も設け、デザイン性と機能性を両立させた。

2階には約4.5畳の書斎もあり、個室で読書やゲームをしたりできるプライベートゾーンに。自分の時間を楽しむ空間を設けることで、生活がさらに楽しくなるようなポイントも見どころだ。

物件の詳細、会場はこちら

妙高市栗原の家(イメージパース)

自宅で観覧! 12月16日にはインスタライブも

なお16日午後6時30分からは、妙高会場でインスタライブも開催。ルームツアーも公開予定で、同社インスタグラムをフォローすれば、自宅にいながらスマートフォンやパソコンなどからゆっくりと見ることができる。申し込み不要で、観覧は時間に合わせて同社インスタグラムから。

同社では「タイプの違う2棟が見られます。ぜひその雰囲気をご体感ください」と話している。公開は2棟とも、午前10時〜午後6時(最終日は午後5時)。正午〜午後1時は不可。電話 0120-208-095