PR 電気代を抑えて暮らす薪ストーブの家 上越市大町で10月29、30日に見学会

「電気代のストレスゼロで楽しむ薪ストーブ生活」をテーマとした家の完成見学会が2022年10月29、30の2日間、新潟県上越市大町で開かれる。設計施工は、国産材を使った家造りを行っている上越市吉川区の布施材木店。完全予約制。

公開される家の外観

公開されるのは、木造2階建て4LDKの家。土台や柱の構造材から床、壁、天井などの仕上げ材まで、ヒノキやスギ、ケヤキといった国産材を使っており、心地良い香りがいっぱいに広がる。断熱材にも高い断熱効果がある自然素材を採用。木材をはじめ自然素材は呼吸をするため、家族の健康維持にも役立つほか、家中の温度が一定になり電気代の抑制にもつながるという。

光がたっぷりと差し込むリビングダイニング
薪ストーブの輻射熱が家全体をやわらかく暖める

リビングダイニングは開放感ある吹き抜けで、暖かな太陽光がたっぷりと差し込む。薪ストーブからの輻射熱が家中を暖かく包み、揺らめく火を眺めながら、家族でゆっくり語り合う時間も良さそう。

職人造作の洗面(左)と脱衣場

キッチンや脱衣所、物干し、クローゼットなどは連動するように配置し、家事が効率よくできるよう工夫。また2階の天井梁(はり)にはブランコも吊り下げられており、雪が降るこれからの季節でも子供が室内でのびのびと遊ぶことができる。

2階にはブランコが下がり、子供がのびのびと遊べる

同社では「家に入った瞬間の空気の清々しさや、無垢床と薪ストーブのぬくもりをぜひご体感ください」と話している。

時間は午前9時30分〜午後4時30分。会場は予約申し込み時に伝える。

ホームページはこちら

見学申し込みは 予約フォーム、またはフリーダイヤル 0120-940-722 から。