ホーム > 2015/09

日本郵便の父 前島密生誕180周年で「ひそかさん」グッズ続々

5年前

上越市下池部出身で近代郵便制度の創設などに大きく尽力し「日本郵便の父」と称される前島密(1835年─1919年)生誕180年のイメージキャラクター「ひそかさん」を活用したTシャツとハンドタオルがこのほど、発売された。

イメージキャラクターひそかさんや生誕180周年記念ロゴマークは生誕180周年実行委が作ったもので、申請すれば無料で利用できる。

ハンドタオル

ハンドタオルは上越市本町4の呉服店「美しいきものくろかわ」(黒川弘司社長)が作った。35cm四方で綿100%。白地のタオルの中心には、前島密180年記念祭実行委員会が制作したイメージキャラクター「ひそかさん」が縫い込みで描かれている。同店はこれまで「レルヒさん」や「トキテツくん」などの郷土タオルを製作しているた。価格は1枚540円。問い合わせは025-525-2115。

ハンドタオル

Tシャツ

Tシャツは北陸新幹線上越妙高駅西口のコンテナを活用した商業施設「フルサット」を運営する北信越地域資源研究所が製作した。180周年祭実行委員会が作ったイメージキャラクター「ひそかさん」と「密」のマークがデザインされている。

ひそかさんTシャツ

色は13色あり、サイズはS、M、L、XLの4種類ある。1枚2160円。フルサットなどで販売している。

Tシャツについての問い合わせはフルサット(090-8018-0347)平原さん。